So-net無料ブログ作成
 
 

矢印 [小説]


 

1910112_353672331466457_3047829346311367100_n.jpg


僕が道を歩いていると、足元に矢印があった。


ヒマだったので、僕はその矢印の指すほうへ歩いてみることにした。


30メートルほど歩くと、また矢印があった。


僕は矢印の指すほうへ歩いた。


次の交差点では右へ。


次の角では左へ。


矢印は電柱や街灯、フェンスやブロック塀や店の看板。


至る所に貼られていた。


そして僕は、矢印の指すほうへひたすら歩いた。


道が二股に分かれているところで僕は立ち止まった。



いくら見回しても矢印がない。


しばらく立ち尽くしていると、後ろからバイクの音が聞こえた。


僕は少し道の端によけた。


矢印マークの付いたヘルメットが、僕を追い越していった。


僕はまた、矢印の指すほうへ歩いた。


右へ。


左へ。


次の矢印は、民家の玄関扉に向かって指していた。


僕は扉を開けた。



「ただいま」


「あら、遅かったのね。肉まん、あるけど食べる?」



「食べる」






タグ:小説 矢印
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます