So-net無料ブログ作成
 
 

白い部屋 [小説]


 

10604700_354392858061071_5088003048504462430_o.jpg


あなたは今、真四角の部屋に居る。


右も左も白い壁だ。
 

あなたの後ろにはドアがある。


あなたの右後ろ側だ。

そのドアは木造で、ドアノブを回して開けるタイプのもの。
 

あなたは、そのドアを押して入ってきた。
 

あなたは今、椅子に座っている。
 

右と左の壁には何も無い。

後ろの壁にはドアがある。
 

前の壁には三つの丸いボタンが並んでいる。

どのボタンも形は同じで、五百円玉より少し大きい位のものだ。
 

白い壁の真中に、銀色に光る長方形の金属板がはめ込まれていて、それらのボタンは横並びになっている。


なんのボタンかは、あなたは全く知らない。
 

あなたはその前の壁に近く座っている。
 

三つのボタンはそれぞれ色も雰囲気も違っていて、あなたはそれを見つめている。
 

まず、あなたから見て左端のボタンは青だ。



随分と磨り減って、指の当たる部分は色が剥げてしまっている。
 

かなりの人がこのボタンを押したことが伺える。
 

何故なら、その青いボタンの下には、白い小さなプレートがついていて、そこにはゴシック体で「押せ」と書いてあるからだ。

そして次に真中のボタン。


これは黄色いボタンだ。


青のボタンと違って、特に磨り減っている様子もなければ、全く誰も押して無いというわけでもなさそうだ。
 

中心に少し黒ずんだ、手垢のような汚れが見える。
 

そのボタンの下にも同じく白い小さなプレートがついていて、そこにはやはり同じくゴシック体で「押」とだけ書かれている。

しかし、その文字の横に、明らかに人の手書きだと思われる、しかもいたずら書き的な文字で「引」とも書かれている。


更にあなたから見て右端のボタン。

これは赤い色をしている。

他二つとは違って、とても綺麗で、人が触れた形跡は無い。
 

それもその筈、そのボタンの下にある小さなプレートには「押すな」と書いてあるからだ。
 

危険を知らせる色にも赤は最適だ、とあなたは思った。

あなたは今、真四角の部屋で、左右を壁に挟まれ、後ろに木のドアを感じながら、目の前に並ぶ三つのボタンを見ている。






タグ:小説 ボタン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます