So-net無料ブログ作成
 
 

叔父さんは泥棒 [小説]


 

10646926_353972871436403_804974442635498303_n.jpg


昔、わたしのおじさんは泥棒だった。
 

国内でも仕事をしていたようだが、よく外国へ行っていた。


おじさんのパスポートはスタンプだらけだった。


「世界の美しいものをたくさん、たくさん盗みたいんだ。そうしてみんなにばら撒くんだ。」

おじさんは笑いながら、こっそりとわたしだけに夢を語った。


「ねずみ小僧じろきちのように?」


わたしはいつか聞いた記憶がある。


「ねずみ小僧? ああ、そんな感じかなぁ。なんか違う気もするけど」


そんな答えを返してくれた気がする。


初めて、盗んだ宝物を見せてくれたのはいつだっただろう。


わたしが中学のときか。


長いこと、おじさんは盗んだものを見せてはくれなかった。


みんなにばら撒くのさ、と言っていたのに。

だから、わたしはおじさんの泥棒としての詳しい区分、つまりどのようなものを盗んでいるのかを知らなかった。
 

おじさんが盗んだものは、いろいろだった。


頑丈な白い紙箱の中に、何枚も、何枚も戦利品の写真が入っていた。

人、人々、校庭、滑り台、ステンドグラス、テーブル、コーヒーカップ、猫、ビル、ビルの上の旗、草、木、森、砂、海と空。

紙箱はみっつあった。
 

その頃には、わたしにも

ある程度の外国についての知識はついていたが、写真はやはり鮮烈だった。

その中に、ほとんど真っ黒いだけの写真を見つけた。


四隅のひとつが白くなっている。


「失敗?」
 

ビールを飲んで少し顔の赤くなっていたおじさんに言うと、おじさんは写真を見て、わたしにだけ聞こえる小声で答えた。



「それは宇宙の端っこ」
 


一瞬あっけにとられた後でわたしはにやりと笑い、「ちょうだい」と言った。

おじさんは一度目線をそらせ、戻し、「ああ、いいよ」と偉そうな声で、でも顔はニヤリとさせて言った。

その時から、わたしにとって、おじさんは探検家ということになっている。


最近、わたしは

「宇宙の端っこ」を眺める度に、ついニヤリとしてしまう。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます