So-net無料ブログ作成
 
 

pomera [小説]


 

10155027_353673504799673_8285233138450116942_n.jpg

何故、作家が小説を書けるのか不思議でならなかった。



頭の中にある不定形のもやもやとした曖昧な、

そしてそのままでこそ魅力のあるものを,

その紙の上に書いて定着させてしまう不安に、作家はいかに耐えるのか。


書かれる前には,

すべてが微妙な色合いを保って優雅に揺れ動いているものを、

書く事によって、一つの色に決定してしまう。


そこで、失われる諧調を惜しんでいたら筆は進まない。


そこのところのあまりに原理的な矛盾をどう乗り越えるのか。


それがどうしてもわからなかった。


今現在、創作を楽しめるのは。


全ての作品は仮のものであるという仮説の上で,

一つ一つで足りなかったり、言い間違いたり。



もしくは

筆に乗りきれなくて、捨てたりしたものへの無限の未練を、

そのまま先への力にするということだった。

書き続ける事が何より大事なのだ。
 
 
 
 

 

写真は愛機、pomera DM10






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます