So-net無料ブログ作成
 
 

悲しいネジ巻き屋 [小説]


 

10575450_354393068061050_8109364527224961001_o.jpg


ネジ巻き屋がいなくなった世界では、

誰かがネジを巻かなければ、みんな止まってしまうのだ。

だけど、ネジ巻き屋は死んでしまった。


誰かに殺されてしまったのだ。


みんなネジ巻き屋を殺した犯人を捕まえたいと思っているけれども、

探偵のネジもきれてしまったから犯人は探せないのだ。


もしかすると、犯人のネジも切れてしまったのかもしれない。

本当は、ネジ巻き屋になるには生まれつきの才能がいるのだけれど、僕は努力した。


結果、僕はネジ巻き屋になれた。


それは奇跡といっていいほどの出来事だった。

繰り返しになるけれども、ネジ巻き屋になるには生まれつきの才能がいるのだ。

何故ならば、ネジ巻き屋は自分のネジを巻かなくていいように、ネジを持たずに生まれた子供が選ばれるのだから。

だから、僕のネジがきれてしまったら、誰がネジを巻くのだろう? 


僕の関節から錆び付いた音が聞こえ始める。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます