So-net無料ブログ作成
 
 

豚と空 [小説]


 

1911695_352975841536106_2683093577270534952_n.jpg


空は黒い。


厚い雲は光を通さず、真っ暗な闇を地上へ降ろす。


なんで?


初めて感じたのは、駅を出てから。



なんで、雨が降り出さない?


お昼前、でも夕方の暗さ。


なのに雨の気配も臭いも感じない。


好都合、そりゃそうなのだが、やはりいつもと違うと不安。



傘が欲しい。


コンビニはこの辺には無いし、雑貨やなんかじゃ傘は無い。


暗い空はますます厚く、暗く、空の上で成長していく。


ほら、何か降ってきそう。


豚かな……そんな本読んだっけ。


空から豚が降ったら、地上は地獄。



たたきつけられて破裂した豚の死体……


おっと、気持ち悪い、考えない考えない、豚が降るわけ無いじゃない。



魚かな……

世界のどっかで降ったって聞いたな。


さんまが食べたい。

サバは嫌い。

鯛だったら煮込むかなぁ……


いやだ私うなぎは、さばけないわ……。


カエルかな、そんな気象条件があるらしいけど……


カエルが降ってきたらとりあえず、よけよう。

別段嫌いじゃ無いけど、頭なんかには落ちてきてほしく無いわぁ……


ぽつ……

空から降ってきて、頭に当たった。


髪が濡れたのを感じて、ため息を付く。


雨が降ってきたわ。

早く傘探さないと……


はぁ、日常に少し刺激が欲しい、






タグ: 小説
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます